2016.08.21 (Sun)

2016 J-League Division 1 2ndステージ第9節 大宮 vs. 仙台

 試合当日はあいにくの悪天候でしたが、キックオフの2時間ほど前には雨も止んでいたので予定通り観戦に出かけました。しかし、今にも雨が降り出しそうな空模様。そしてものすごい蒸し暑さで選手にとっては本当に大変な天気だったと思います。
 大宮と仙台の対戦を観戦するのは久しぶりですが、これまではどうも良いイメージがなく苦手意識のようなものを感じています。選手たちはそんなことは思っていないかもしれませんが、長く大宮の試合を見ていたファンならそう感じている人も多いのではないかと思います。それでも今季は鬼門といってもよい敵地で勝利を収めており、この試合にも勝って苦手意識を払しょくしてほしいと思いつつキックオフを待っておりました。


 前半はどちらかと言えば仙台が良いサッカーを見せていたと思います。中盤の選手がプレッシャーをかけて相手になかなか前を向かせず、もたつく相手のパスミスを奪うと守備から攻撃への素早い切り替えが印象に残りました。また、5分に奥埜とハモンロペスの連係で作りだした決定機のように少ないタッチで時間をかけず一気にシュートまで持っていくスピードのある攻撃も随所にみせ、大宮は不用意なミスが失点につながってしまう危険を常にはらんでいました。
 一方の大宮はショートパスによって相手守備を崩そうとする意図は見えましたが、仙台のプレッシャーと中盤、前線の連係不足からうまく行かず、両サイド、特にこの試合で左サイドバックに入った藤村の裏を狙うロングパスからチャンスを作りだしました。先制点につながる流れも右サイドを抜けていった江坂に横谷から長目のパスが通り、その折り返しのクロスを受けたムルジャがペナルティエリアで倒されてPKを獲得したというもの。このPKは家長が一度決めたものの蹴り直しとなりましたが冷静に決めました。

 後半に入ると大宮の連係もよくなりチャンスが増えます。このところ1点リードは守り切れず追いつかれる試合が目立っているだけに何とか追加点が欲しいところでした。しかし、ドリブルで左サイドから勝負を仕掛けた泉澤のシュートは関に弾かれ、コーナーキックから完全に相手に競り勝って放った河本のヘディングシュートもゴールライン上で相手にブロックされてしまいました。(ビデオで見ると明らかにゴールラインを割ってはいたのですが・・・)
 仙台は76分にコーナーキックから塩田がパンチングでクリアしたボールを三田が左足で豪快に決めて同点。その1分後に大宮は家長が茂木との1対1で肘打ちをしたとして退場処分となり数的不利となり嫌なムードが漂います。


 数的不利となった大宮は必然的に相手にボールを持たせる時間が長くなりますが、一方でただ守りぬくのではなく疲れにより動きの落ちてきた前線に清水、マテウスを立て続けに入れ、3ポイントを奪いに行く姿勢を見せます。攻守の切り替えからは怖さを見せていた仙台の攻撃でしたが、相手にしっかりと守られてしまうとうまくはいかずなかなかチャンスは作れなくなってしまいました。それはやがて前がかりになって相手にカウンターの隙を与えてしまうことになります。
 大宮は89分にマテウスが相手タックルをうまくかわして左サイドの清水へつなぎ、清水からのクロスに右サイドから上がっていた江坂がダイレクトで合わせてゴールを決めました。江坂のシュートの素晴らしかったが清水のクロスが本当に良かったです。絶妙のタイミングで精度の高いクロスを躊躇なく入れました。そしてこれが決勝点となり大宮が勝利を手にしました。


 1点リードからチャンスを決めきれず2点目が取れないうちに同点に追いつかれるという嫌な展開。さらに中心選手の退場による数的不利という状況が重なり苦しくなりましたが、それを跳ね返しての勝利。勝因の一つが数的不利になってすぐの攻撃的な選手交代にあったことは間違いありません。普段から渋谷監督については選手交代が慎重というか消極的な面が目立ち、それが裏目に出ることが多かったように思いますが、この試合の選手交代はお見事というしかありません。

 この勝利で大宮の年間勝ち点は39となりました。残留争いで一応安全圏の目安とされる40まではあと1ですので、ほぼ残留を確実なものにしたといえます。その意味で大きな勝利になったと思います。チーム全体にも自信につながったと思います。


2016 Jリーグ Division1 2ndステージ第9節
2016年8月20日(土), 18:30, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ベガルタ仙台 2:1 (1:0)
大宮: 塩田 - 渡部, 菊地, 河本, 和田 - 金澤 (90.+1 大屋), 横谷, 江坂, 泉澤 (81. マテウス) - ムルジャ (78. 清水), 家長
仙台: 関 - 菅井, 大岩, 渡部, 藤村 - 富田, 三田, パブロ ジオゴ (59. 茂木), 奥埜 - ウィルソン, ハモン ロペス
得点: 1:0 家長 (37.,PK), 1:1 三田 (76.), 2:1 江坂 (89.)
退場: 家長 (77.)
警告: 和田, 泉澤 - パブロ ジオゴ
観客: 9,480 人
主審: 松尾 一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

12:38  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/860-87365c04

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |