2016.09.22 (Thu)

第96回天皇杯3回戦 大宮 vs. 磐田

 天皇杯3回戦。大宮はホームで磐田との対戦となりました。朝から雨が降り続いていましたがキックオフの1時間ほど前には雨も上がり観戦にも支障はありませんでした。

 この試合、大宮はMFの河本、マテウス以外は全員がリーグ戦とは違うメンバー、カップ戦用のチームといったところでしょうか。一方の磐田も主力を温存し控え選手主体のメンバーです。



20160922_01.jpg


 序盤は両チームともやや慎重に試合に入ったように見えたものの20分を過ぎたあたりから磐田が前へプレッシャーをかけ始めました。しかし、この試合の大宮は押し込まれてもディフェンスが非常によくボールを奪ってからも的確にカウンターを繰り出しました。チャンスは多く無かったものの26分、40分とカウンターから泉澤が決めて2点リードで前半を折り返しました。泉澤の2ゴールはいずれもゴール前での落ち着きぶりが素晴らしかったです。


20160922_02.jpg


 後半もしばらくは同じような展開でしたが、57分にコーナーキックからペチュニクが頭て合わせて追加点。その1分後には右からのクロスをマテウスがアクロバティックなボレーシュートを決めて4点差とし早くも勝敗を決めてしまいました。

 その後、集中力を切らしてしまったのか磐田には雑なプレーが目立つようになり大宮が余裕をもって時間を使えるようになりました。あとはしっかりと無失点で締めることができるかどうかに注目をしていたのですが、大宮はさらに大山がミドルシュートを決めて5点差とし危なげなく勝利を手にしました。


20160922_03.jpg


 今日の試合を通しての印象ですが、まず大宮は守備が良かったと思います。相手にプレッシャーをかけられても慌てることなくしっかりと対応。ボールを持った時も落ち着いてパスを回せさらに縦への推進力のある泉澤やマテウスに良いタイミングでボールを出せていたと思います。この点に関しては特にボランチの2人が良かったと思います。

 もう一つ感じたのは、この日出場した選手たちのモチベーションの高さです。リーグ戦ではあまり出場機会のない選手はこのような機会で結果を残そうと頑張っている姿は少しばかり感動を覚えました。結果としてリーグ戦を戦うチームと比較しても全く遜色の無いパフォーマンスだったと思います。昨シーズンと比べても大宮の選手層が厚くなったことを実感しました。4回戦の対戦相手はどこになるかわかりませんが、どんな戦いぶりを見せてくれるのか今から楽しみです。



第96回天皇杯全日本サッカー選手権 3回戦
2016年9月22日(木) 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 5:0 (2:0)
大宮: 松井 - 渡部, 横山, 河本 (46. 高山), 沼田 - 岩上, 大山, マテウス (79. 播戸), 泉澤 (68. 小島) - ペチュニク, 清水

磐田: 八田 - 大南, 高木, 櫻内, 石田 - 山本, 上田, 松井 (71. 森島), 荒木 - 齊藤 (61. 松浦), 中村 (46. 小川)

得点: 1:0 泉澤 (26.), 2:0 泉澤 (40.), 3:0 ペチュニク (57.), 4:0 マテウス (58.), 5:0 大山 (68.) 
警告: / - /
観客: 3,625人
主審: 村上 伸次



スポンサーサイト

タグ : スタジアム観戦記

20:03  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/864-17617405

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |