2016.09.25 (Sun)

2016 J-League Division 1 2ndステージ第13節 大宮 vs. 鳥栖

 今季のJリーグも残り試合が少なくなってきました。大宮にとっては例年この時期は厳しい残留争いの真っただ中にいるのですが、今季はすでに残留を決め勝ち点もクラブ史上最高を更新しています。リーグ戦開幕当初の大宮は終始相手に押し込まれながらひたすら耐えてワンチャンスを狙うという戦い方になっており、私は相当厳しい結果を予想していました。まさかこの時期に残留を決めることになるとは驚きです。


 木曜日の天皇杯磐田戦(5:0で勝利)とは大幅にメンバーを変更し、リーグ戦仕様のチームで試合に臨みます。しかし、主力の河本、横谷が出場停止、代わりに山越、大山がスタメンに入りました。対する鳥栖も得点能力の高い豊田とエル・カビルが出場停止。かつて大宮に在籍していた富山がスタメン出場となりました。


 前半、開始早々に大宮がアグレッシブにゴールを狙いますが、特にディフェンスラインのパス回しがかなり不安定で嫌な予感はしていました。そんな時間に鳥栖、早坂の左からのクロスをカットした菊地からボールを奪いに行った富山が菊地と接触して倒れPKを獲得しました。このようなわずかに触った程度の接触でPKを取られてはたまりませんが、これは審判のジャッジなのでやむを得ません。菊地のプレーも緩慢だったといわざるを得ません。
 このPKは富山が自ら決めて鳥栖が先制しました。鳥栖のようなチームに先制をされるとかなり苦労するとは思っていましたが、あまりにもあっけなく失点してしまったことが悔やまれます。その後大宮はボールは保持するものの効果的なパスが入らず、あまり意味のないパス回しに終始して前半を終えることになりました。

 後半も鳥栖のしっかりと守備を固めて、大宮はボールを持たされた形となりますが、前半と違ってプレーに思い切りの良さが感じられるようになりました。特に泉澤が左サイドから積極的に勝負を仕掛けチャンスを作ります。しかし、前線のムルジャや江坂とはわずかに合わずゴールは生まれません。
 しかし58分にコーナーキックからこぼれたボールに対して金澤が思い切りよく放ったミドルシュートをGKの林が弾くと、そのボールを家長がゴールに蹴りこみ大宮が同点に追いつきました。
 その後は、鳥栖も攻撃に力を注ぐようになり、かなりオープンな撃ちあいになりましたが、選手交代で攻撃的な選手を投入した大宮の攻撃に迫力を感じました。その後、家長の惜しいループシュートなどありましたが、どちらも得点はできず1:1のドローで試合が終わりました。


 試合を通してみると、やはり開始早々の失点が残念でした。大宮にとってはかなり不運であったと思いますが無駄な失点だったと思います。もう一点は先制を許した後の前半の攻めの拙さが残念でした。終盤の攻勢を見るともう少し時間があれば逆転で着たのではないかと思ってしまいます。前半、漫然と時間を費やしてしまったことがもったいなく感じられます。この試合についてはもったいないドローだったと感じます。


2016 Jリーグ Division1 2ndステージ第13節
2016年9月25日(日), 17:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - サガン鳥栖 1:1 (0:1)
大宮: 塩田 - 奥井, 山越, 菊地, 大屋 - 大山, 金澤, 泉澤 (75. 清水) , 江坂 - ムルジャ (75. ペチュニク), 家長
鳥栖: 林 - 藤田, キム ミンヒョク, 谷口, 吉田 - 金民友, 高橋, 福田, 鎌田 (63. 岡田) - 富山 (78. 池田), 早坂
得点: 1:0 富山 (6.,PK ), 1:1 家長 (58.)
警告: / - 金民友
観客: 11,807人
主審: 山本 雄大

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/865-7556ec60

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |