2017.04.30 (Sun)

2017 J-League Division 1 第9節 大宮 vs. 浦和

 今年のさいたまダービーは首位と最下位の対戦となりました。両チームの現状を比較しても大宮が優位に立てる要素は何一つありません。前節のアウェイで大差で敗れており最悪の状態ですが、果たして短期間で修正ができるのか。これだけ時間をかけても改善の兆しが見えないのだから難しいだろう。それならせめて気持ちだけは負けないでほしい。というのが私の試合前の大宮に対する期待でした。


 初夏のような日差しの中で試合が始まりました。この試合の大宮は普段とは違って相手ボールの時はボランチの金澤が最終ラインに下がって5バックを形成する守備的なフォーメーションを取りました。圧倒的にボールを支配する浦和は多彩な攻撃で大宮の5バックを崩しにかかるものの決定的な形はさほど多くは作れませんでした。一方の大宮は守備に比重を置く分、ボールを奪ってからの攻撃への切り替えに鋭さを欠きほとんどチャンスは作れませんでした。
 スコアレスの膠着した展開は大宮の望む形ではありましたが、果たしていつまで集中力を維持できるのか心配ではありました。現実に前半も終了に近づくにつれて細かなミスが散見されるようになりかなり押しこまれる嫌な形になっていたと思います。


 後半に入ると浦和は柏木に替えて青木を投入します。どうやら4日前のACLの試合(ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ戦)での怪我の影響だとのことでしたが、大宮にとっておそらく最も嫌な存在だったであろう柏木がハーフタイムで退いたことは試合の展開にに大きく影響することになったと思います。
 相変わらず守備の時間が長かった大宮ですが、前半の終わり近くのような危なっかしさは消え、むしろカウンターからチャンスを作れるようになってきました。そして63分、中央の江坂からのパスを右サイドで受けた茨田がミドルシュートを決めて大宮が先制しました。
 すぐ後に浦和は宇賀神に替えて駒井を投入すると、それまで封じられていた右サイドからの攻撃が機能するようになり何度もペナルティエリアに侵入したFWによいボールが入るようになります。しかし、大宮のDFの集中力は途切れることなく相手ボールにもしっかりと体を寄せ、結果として浦和のシュートは枠を外し続けました。浦和の選手は4日前にACLを戦っており多少なりとも疲労が残っていたのかもしれません。ヒヤリとする場面が何度もありつつ時間は経過していきついに90分が経過。アディショナルタイム5分は大変長く感じられましたが、なんとか逃げ切り、ついに大宮の今季の初勝利となりました。


 試合全体を通してみると、やはりまず大宮が浦和戦に向けた戦術がうまく行ったということ、そして選手が最高のパフォーマンスを発揮したこと、そして運も味方につけたということ。この3点が両チームの実力差を埋めたのだと思います。
 大宮にとっては大変喜ばしい勝利ではありますが、まだ喜んでいられる状況ではありません。この試合の戦い方は大宮にとって目指しているものとは全く違うものでありますが、現在の選手たちの技術を考えると現実的な戦い方だといえるでしょう。今後、大宮が理想を追い続けるのか、現実的な戦い方へと路線変更するのか気になるところではあります。私個人としてはこの試合のような守備的な戦い方はあまり好きではありませんが、まず2部降格を回避するための緊急措置ということであればやむを得ないと思います。


2017 Jリーグ Division1 第9節
2017年4月30日(日), 15:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 浦和レッズ 1:0 (0:0)
大宮: 塩田 - 渡部, 山越, 河本, 和田 - 金澤, 岩上, 長谷川 (46. 大山), 茨田 - 江坂 (87. 高山), 瀬川 (72. 清水)
浦和 : 西川 - 森脇, 遠藤, 槙野 - 関根, 柏木 (46. 青木), 阿部, 宇賀神 (66. 駒井) - 武藤 (53. 李), 興梠, ラファエル シルバ
得点: 1:0 茨田 (63.)
警告: 渡部 - ラファエル シルバ
観客: 12,401人
主審: 西村 雄一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:21  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/879-eb1971d5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |