2017.05.21 (Sun)

2017 J-League Division 1 第12節 大宮 vs. C大阪

 第12節。大宮の対戦相手のセレッソ大阪は昇格チームとは言え上位争いに加わっています。この試合のスタメンの顔ぶれを見ると清武弘嗣、山口蛍、柿谷曜一朗、杉本健勇、山村和也など日本代表クラスの選手が並んでいます。これだけの陣容であれば上位争いをしない方がおかしいとも言えます。今の大宮にとってすべてのチームが格上という状況ですが、このような強敵から1ポイントでも取れればこれからの巻き返しの弾みになるだろうと思ってはいましたが、やはりそう甘くはありませんでした。


 前半は大宮が1対1では積極的なプレスから相手ボールを奪うシーンが目立ち相手の攻撃に対しても集中して良く守っていたと思います。その結果、セレッソはチャンスこそ多かったもののゴールを脅かすほどのシーンはほとんどありませんでした。思ったほどアグレッシブではなくもしかしたら前半は抑えて後半に勝負をかけたとも見えました。30度を超える暑さを考慮した作戦だったのでしょうか。ただし試合後の尹晶煥監督のコメントでは良い流れに乗れなかったということのようですが。
 大宮がかなり飛ばしていたのは明らかで、にもかかわらず得点を奪うどころか、決定機を作れなかったというのはやはり問題です。なかなかボールを高い位置で奪えない。奪ったとしても攻守の切り替えが遅く周りにサポートがないという状態ですので攻め込んでもそこで攻撃が途切れてしまう印象があります。攻撃の形が作れていないのは根本的な問題で、おそらく今季は改善できないと思います。そんな具合でしたのでスコアレスとはいえ後半に向けて大宮がどこまで耐えられるのか不安を感じました。


 そして後半はその不安通りの展開になります。能力の高いセレッソの選手がクオリティーの高い連係のとれた攻撃を展開、特に長短のパスやサイドチェンジで両サイドからゆさぶりをかけるスピーディーな攻撃はスペクタクルで見ごたえがありました。これに対して大宮はゴール前で懸命にクリアするのが精一杯。もちろん攻撃に手は回せません。63分に清武、76分に山村がいずれもセットプレーからゴールを決めて勝敗は決しました。86分の杉本のゴールはダメ押しです。


 試合は大宮の完敗です。選手の個人能力、チームとしての連係、試合運びなど全てにおいて大きな差があったと思います。公判などはディビジョンが2つ違うチームがカップ戦で対戦しているかのように見えましたが、そのくらい大きな差だということです。前節は先制された後に少ないチャンスを活かして同点に追いつき勢いに乗りましたが、さすがにこの試合ではそんな気配もありませんでした。
 ただし客観的に見て今の両チームの状況を考えるとこうなるのはやむを得ないと思えます。大宮がクラブとして監督を変えずこれまでのスタイルを継続していくという結論を出した以上、まずできる限りのことしっかりやって、勝てそうな相手(現状はそんな相手はいませんが)、勝てそうな展開ではしぶとく勝点を積み上げていくしかないと思います。このような完敗は引きずらず次のリーグ戦に向けた準備をしてほしいと思います。


2017 Jリーグ Division1 第12節
2017年5月20日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - セレッソ大阪 0:3 (0:0)
大宮: 塩田 - 渡部, 山越, 菊地 (53. 河本), 和田 - 金澤, 茨田, マテウス (68. 大山), 大前 (68. 長谷川) - 江坂, 瀬川
大阪: キム ジンヒョン - 松田, 丸橋, ヨニッチ, 山下 (90.+1 木本) - ソウザ, 山口, 山村 (82. 関口), 清武 (90.+1 福満) - 柿本, 杉本
得点: 0:1 清武 (63.), 0:2 山村 (76.), 0:3 杉本 (86.)
警告: 金澤 - /
観客: 11,823人
主審: 上田 益也

スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

21:32  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/884-84e2d7b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |