2017.07.03 (Mon)

2017 J-League Division 1 第17節 大宮 vs. 横浜FM

 アウェイでリーグ戦下位に低迷する新潟、広島に連勝し降格圏を脱出した大宮ですが、もちろんまだ安心できる状況ではなくむしろようやく残留争いに加われるようになったと考えるべきと思います。この2試合は最高の結果を得ることができたのですが、どちらも劣勢の時間が長く少ないチャンスを活かして勝利したと言えると思います。言い換えると相手にもビッグチャンスを何度も与えており、相手の決定力に救われたとも言えます。第17節の対戦相手は上位の横浜ですので、おそらく同じような戦いをしていては勝てないだろうと予想はしていました。


 前半の大宮は守備は良かったと思います。良く動いて相手のパスコースを消すことができていたし1対1でも負けずにボールを奪えていたと思います。残念ながらボールを奪ってからの切り替えが不味く、素早く攻撃に移れなかったり、もったいないパスミスで再び相手にボールを奪い返されるシーンが多く見られました。
 そしてもう一つ気になったのがシュート意識の低さです。もっと貪欲にシュートを狙ってよいのではないかと思います。確かに中澤を中心とした横浜の守備は安定し崩すのは難しかったのでしょうが、だからこそ少々強引にでもシュートを試すことによってチャンスが広がった可能性はあったと思うのです。結果として前半の大宮は一見すると互角に戦うことができてはいたもののゴールを奪えそうな気配は皆無であり、横浜は怖さを感じることなく落ち着いて戦うことができていたことでしょう。両チームの選手、監督のコメントからもそうであったことがわかります。

「マリノスは中澤(佑二)選手を中心に真ん中を固めてスペースを消してきていたので、そこを崩すのは難しかった。(岩上)祐三さんが1本打ちましたけど、ミドルを打たないと相手も出てこないかなというのも感じた。ハーフタイムに(伊藤)彰さんも言っていましたけど、シュートの本数が少なかったので、ロングシュートを打って相手を引き出すこともしないといけないかなと思います。」(大宮、江坂任選手)

「特に前半は大宮がプレッシャーを掛けてくると予測していた。そのとおりだったが、慌てずプレーして、相手のブロックを下げさせることができたと思う。」(横浜 エリク・モンバエルツ監督)


 後半は両チームとも点を取るために攻撃に力を入れて来たようには感じましたが、それでもしばらくは前半と同様に膠着した展開が続きました。しかし、59分に横浜が鋭いカウンターからマルティノスが右足でミドルシュートを決めて先制しました。マルティノスの個人技も光りましたが大宮の守備の対応も拙いところがあったように見えました。やはり上位相手ではミスは失点につながってしまいます。68分にも中盤でのパスミスを山中に奪われそのまま左足で豪快なミドルシュートを決められ2点差に。

 ここまでの大宮の攻撃を見ていると、山中のゴールで勝敗は決まったかと思いましたが、大宮の伊藤監督は大前に交代してDFの菊地を入れシステムを3バックに変更します。するとここから反撃を開始し78分にセットプレーから菊地が頭で決めて1点差とし、直後にもマテウスが惜しいシュートを放つなど、前半の消極的に見えたゴールへの勢いが感じられるようになりました。しかしやや手遅れでした。横浜もその後はしっかりと試合をコントロールし試合を終えました。

 大宮は新潟、広島では、勝利したことで目に見えていなかった課題が表面化してきたと思います。伊藤監督はそのあたりは認識しているようなので、とりあえず次の札幌戦をなんとか乗り切ってその後の中断期間でしっかりと対策してほしいと思います。


 試合後、湘南へ移籍が決まったムルジャの挨拶がありました。ムルジャは好不調の波があるものの重要な試合での活躍が目立ちました。特に2015年11月のJ1昇格がかかった試合で劣勢を跳ね返す2ゴールは忘れられません。大宮での活躍を感謝するとともに湘南での活躍を祈りたいと思います。

<引用記事>
大宮vs横浜FMの試合結果・データ (選手コメント) (Jリーグ公式)
大宮vs横浜FMの試合結果・データ (監督コメント) (Jリーグ公式)


2017 Jリーグ Division1 第17節
2017年7月1日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 横浜Fマリノス 1:2 (0:0)
大宮: 松井 - 奥井, 河本, 高山, 和田 - 大山 - 岩上, 横谷 (83. 黒川), 茨田 (64. マテウス), 大前 (73. 菊地) - 江坂
横浜: 飯倉 - 金井, 中澤, パク ジョンス, 山中 - 中町, 扇原 - 齋藤, 天野, マルティノス - ヴィエイラ (84. 富樫)
得点: 0:1 マルティノス (59.), 0:2 山中 (68.), 1:2 菊地 (78.)
警告: 高山 - 中町
観客: 11,448人
主審: 西村 雄一
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:44  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/887-ca95bc32

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |