2017.10.05 (Thu)

2017 J-League Division 1 第28節 大宮 vs. 清水

 9月の最終日、今季のJ1もいつの間にかもう28節、いよいよ終盤に差し掛かります。大宮はこのところ5試合勝利がなく17位に低迷。残留争いのライバルとなるチームとの差も少しずつ広がり厳しい状況に追い込まれました。かつて毎年のように残留争いを繰り広げていた頃はこの時期になるとチームの状態が上向き最後に残留争いから一歩抜け出してシーズンを終えていたものですが、今季はそんな兆しがまるで見えないのが心配です。
 この第28節は大宮と6ポイント差の清水が相手。清水もこのところ直近の6試合を1勝5敗とチームの状態はよくないだけに大宮としては差を詰めるチャンスであり、言い換えるとここで差を詰めることができなければ降格濃厚となる重要な試合です。もちろん清水も勝利が必要ですが、残留争いに限って言えば最低でも1ポイントを取ればよしという状態でしょう。


 このところの大宮は攻撃に限って言えばマテウスに頼った形になっていましたが、この試合はそのマテウスが出場停止。突破力のある選手を欠いた中で前線に厚みを持たせようという意図は見えました。また右サイドの奥井がかなり高い位置をとり積極的に攻撃参加、次々とクロスを放り込みます。しかし残念ながら前線での連係が欠けており決定機と呼べるようなチャンスはほとんど作れません。一方の清水もパスがつながらず、攻撃が形になりません。


 後半に入ると両チームともに点を取ろうとする意識が強くなり、お互いチャンスの数は増えたものの決定力を欠きました。清水は後半に何度もあったセットプレーを決めきることはできません。大宮は63分、66分に江坂に決定機がありましたが、ゴールライン上でフィールドプレーヤーにクリアされたり、クロスバーに弾かれたりと運もありませんでした。終盤に大宮は菊地を前線に上げパワープレーを仕掛けるも効果なし。結局スコアレスドローに終わりました。
 簡単にまとめるとどちらも集中力は切らさず守備面でよく踏ん張れたものの攻撃に関しては連動性を欠く雑な攻撃を繰り返しミスも多く調子の良くないチーム同士の試合を象徴するような試合内容でした。また審判も明らかな誤審を連発するなど率直に言って残念な試合だったと思います。


 ドローという結果は妥当なものだと思います。しかし、大宮にとっては限りなく敗戦に近いドローでしょう。選手個々のパフォーマンスは悪くはなかったし気持ちも感じられました。にもかかわらず調子の良くない相手にも勝てないどころか1点すら取れない。これが今季のチームの現状だと受け入れなくてはならないのでしょう。もちろんまだ可能性がある限り諦めてはいけないと思いますが、どうしても悲観的になってしまいます。


2017 Jリーグ Division1 第28節
2017年9月30日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 清水エスパルス 0:0 (0:0)
大宮: 加藤 - 奥井, 菊地, 河本, 渡部 - 茨田, カウエ (90.+1 岩上) - 横谷 (84. 山越), 大前 (77. 清水) - マルセロ, 江坂
清水: 六反 - 鎌田, 角田, カヌ, 松原 - 枝村 (89. フレイレ), 竹内 - デューク (85. 長谷川), 白崎 - チアゴ アウベス (84. 北川), 鄭 大世
得点: なし
警告: カウエ - チアゴ アウベス, 長谷川, デューク
観客: 11,545人
主審: 木村 博之
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:45  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/895-e81b45e3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |