2009.03.21 (Sat)

2009 J-League Division 1 第3節 大宮×神戸

 よく晴れた穏やかな1日。サッカー観戦にはもってこいの天気ですが、花粉が飛び交い花粉症の人にはつらい天気です。私も花粉症なのですが外出は控えているのですが、行き先がスタジアムであれば喜んで出かけます。

 
 大宮は開幕と全く同じメンバーでスタート、神戸はDFに北本が復帰、MFには田中を入れてきました。どちらもけが人が多くベストのメンバーを組めない状態ですがチームの状態は悪くないだけによい試合を期待したのですが・・・

 前半はどちらにもそれほど大きなチャンスもなくのんびりした展開で時間が経過していきます。どちらもあまりリスクを負わない感じでこのまま試合をしていたらいつまでやっても点が入らないだろうと思ってしまいました。正直に言って前半は全く面白くなかったです。

 
 後半も前半変わらずどちらも決め手がないまま試合が進みます。そんな展開を神戸の吉田孝行が打ち破りました。後半から入りよい動きを見せていた鈴木規夫のパスを受けて左足のミドルシュートを絶妙のコースに決めました。このゴールで試合が急に動き出した感じがします。大宮は63分に藤田に変えて石原直樹を投入。さらに73分に新井に代えて渡部大輔を入れます。さらにはセットプレーのチャンスではDFのマトも思い切って攻撃参加させ必死の反撃を試みます。ダイレクトパスで神戸のDFを崩し市川がGKと1対1の状態でシュートを放ちましたが、榎本のファインセーブに阻まれます。これはなんとしても決めてほしい場面でした。
 しかし、84分に大宮はコーナーキックのボールを石原がヘディングでゴールを決め、ついに土壇場で追いつきました。その後も大宮がプレッシャーをかけ続けましたが神戸が守りきり試合はドローに終わりました。

 最後の15分くらいを除けば全体的に見所の乏しい試合で、昨年のNACK5での神戸戦を思い出してしまいましたが、そのときと決定的に違うのは大宮がリードされてから必死の反撃を見せたことです。このなりふり構わぬ攻撃が勝点1につながったといえるのではないかと思います。それにしても大宮は神戸にはかなり相性が悪いようで。きっとこれからの対戦でも苦労しそうです。


2009 Jリーグ Division1 第3節
2009年3月21日(土), 13:03, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ヴィッセル神戸 1:1 (0:0)
大宮: 江角 - 塚本, 冨田, マト, 波戸 - 金澤, 新井 (73. 渡部), 藤本 (89. 土岐田), 橋本 - 藤田 (63. 石原), 市川
神戸: 榎本 - 石櫃, 宮本, 北本, 大屋 - 松岡, 金, 田中, ボッティ (46. 鈴木) - 吉田 (78. 我那覇), 須藤 (65. 松橋)
得点者: 0:1 吉田 (60.), 1:1 石原 (84.)
警告: 藤田, 冨田, 波戸
主審:家本 政明
入場者: 9,029人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

22:09  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/91-12b72163

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |