FC2ブログ

2018.06.03 (Sun)

2018 J-League Division 2 第17節 大宮 vs. 讃岐

 6月に入って最初の試合。天気には恵まれましたがかなり暑くなり初夏の陽気となってきました。幸い湿度はそれほど高く無かったのですが、これからは蒸し暑い不快なシーズンがやってきます。サッカーには最も適さないシーズンだと思いますが試合は続きます。選手は大変ですがしっかりコンディションを整えて良い試合をみせてほしいものです。
 大宮は前節はアウェイでややラッキーだったとはいえ貴重な勝利を手にしました。今季はなかなか連勝して勢いに乗れないのですが、今節は5連敗中(4試合連続無得点)で現在最下位の讃岐が相手なのでどんな形であれ勝利が欲しい気持ちでしょう。


 前半、立ち上がりの数分を見てわかりましたが讃岐は今季対戦してきたチームと違って前線からプレッシャーをかけてきません。そのため大宮は比較的自由にボールを持て落ち着いて攻撃を組み立てることができそうです。実際に攻撃での連動性も良くチャンスを作れていました。しかし、チャンスでゴールを決められません。チーム状態が良くないだけに決めようとする気持ちが強すぎて焦ってしまうのでしょうか。そうこうするうちに讃岐は最初のチャンスで先制しました。21分にコーナーキックのチャンスでショートコーナーを使い佐々木匠の上げたクロスを木島が頭で合わせました。讃岐は守備的な戦いですがカウンター攻撃の鋭さがあり、中盤でのボール奪取から手数をかけずに右サイドに展開し決定機を作りましたが前半のチャンスはそれだけでした。
 先制された大宮でしたが試合のペースは掴んでいました。そして28分に酒井のクロスがそのまま決まって同点。さらに38分にはペナルティエリアに進入した富山がアレックスに倒されてPKを獲得。大前が決めてあっという間に逆転に成功しました。さらにその後マテウスの突破からの折り返しを河面がシュートしますがクロスバーに弾かれるというチャンスもあるなど、逆転した後も優位に試合を進めることができましたが、ここでゴールを決められなかったことが悔やまれます。


 後半に入り追加点が欲しい大宮でしたが前半と同様にセットプレーから失点し同点に追いつかれます。前半と同じく左からのコーナーキックのショートコーナーから佐々木匠の入れたクロスを今度は中島が頭で押し込みました。佐々木のクロスの精度は素晴らしかったと思いますが、同じような形で失点を繰り返す大宮に問題があるでしょう。
 このあたりから大宮の選手の動きが止まり前半に見られたような連動性は見られなくなり攻撃が停滞します。それどころかボールを奪われた時の切り替えが遅くなり、讃岐のカウンターに数的不利を作られる場面が何度かありました。ただ讃岐も暑さによる疲労からか前半のようなカウンターの切れがなく絶好機をシュートまで持ち込めず、大宮は救われた感じです。大宮は後半はシモヴィッチ、マルセロ、奥井を投入していましたが彼らが持ち味を発揮するような攻撃に切り替えることができず中途半端な戦いぶりでした。そして試合の終盤は足をつる選手が続出し、お互いパスミスを連発。下位チーム同士の試合らしい凡戦となってしまいそのまま試合が終わりました。


 繰り返しますがこの試合は大宮にとっては絶対に勝たなくてはいけない試合でした。しかし、決定機で枠を捉えることができないシュート力の無さ、いつまでも繰り返すセットプレーでの失点、終盤の工夫のない戦い方。今季の最初から抱えている問題のすべてが出てしまえばJ2クラブのどこにも勝てません。この試合の讃岐に関してはチーム状態だけでなく、その戦い方から見ても大宮にとっては比較的戦いやすい相手だったはずなのですが・・・。
 一方、讃岐については少ないチャンスをしっかり得点につなげたのは見事でした。終盤のチャンスを決めていれば3ポイント獲得も可能だったと思いますが、試合後の北野監督は「前節から割り切って勝ち点を取りに行くゲームをしているので、大宮さん相手に今日は勝ち点1でも良かったと思います。」とコメントしていましたし今の状況を考えればアウェイで1ポイント取れて満足だったのかもしれません。この試合は今季初の複数得点ということでこれからの巻き返しのきっかけになるかもしれません。


2018 Jリーグ Division2 第17節
2018年6月2日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - カマタマーレ讃岐 2:2 (2:1)
大宮: 笠原 - 酒井 (69. 奥井), 山越, 河本, 河面 - 嶋田 (75. マルセロ), 大山, 三門, マテウス - 富山 (59. シモヴィッチ), 大前
讃岐: 清水 - 武田, 中島, 岡村, アレックス - 西 (84. 市村), 高木, 渡邉, 森川 (44. 佐々木(渉)) - 佐々木(匠), 木島 (78. 我那覇)
得点: 0:1 木島 (21.), 1:1 酒井 (28.), 2:1 大前 (38.,PK) 2:2 中島 (55.)
警告: / - 佐々木(匠)
観客: 8,085人
主審: 榎本 一慶
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:24  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/913-19eef4e9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |