--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Edit  |  Top↑

2009.04.13 (Mon)

2009 J-League Division 1 第5節 大宮×G大阪

 J1第5節、大宮はホームでガンバを破るという番狂わせを演じました。この試合は大宮にとってはラッキーな勝利だったといえると思います。
 前半から大宮は市川や石原がガンバの最終ラインの裏を取る動きを繰り返しましたが、最初の得点はそんな動きが実を結んだようなPKでした。ただし判定は微妙でしたのでややラッキーな面もありました。その後、石原のゴールもあって大宮が2点リードでハーフタイムに入るという理想的な展開になりました。ここまでは大宮の元気のよさとG大阪の覇気の無さが気になりました。

 
 後半に入るとG大阪が攻勢に出てきます。ガンバは最初から後半勝負の作戦だったのかもしれません。後半から登場の佐々木や安田が精度の高いクロスをポンポンと入れてきます。マトが何度も跳ね返しましたがとうとうチョジェジンに決められてしまいました。右サイドのプレスがまるでなかったのであまりにもフリーでクロスをあげさせてしまっていました。大宮にとってラッキーだったのは56分、ガンバの最終ラインにいた安田から石原がボールを奪い相手を振り切り、並走したデニスマルケスにパスを出しデニスマルケスがゴールを決めて3:1。1点差になってからもG大阪に押し込まれる展開が続いていただけに、ここで差を広げられたのは大きかったです。

 

試合の感想
 得点シーンを振り返るとG大阪のミスが発端となっていることが多く大宮としてはラッキーな試合でした。後半はほとんどG大阪がイニシアチブを握っていましたし、前節のロスタイム同点ゴールがまだ記憶に新しいので、最後はヒヤヒヤさせられましたが、マトを中心によく抑えたと思います。それにしてもマトの活躍は素晴らしかったです。空中戦を挑んできたG大阪の迫力のある攻撃をほとんどはね返していました。一方、攻撃面では石原です。3点目のゴールも実質はほとんど石原のゴールといってもよかったし。最後まで相手にプレスをかけたり、クリアボールの競り合いに挑んだり、素晴らしい奮闘振りでした。


2009 Jリーグ Division1 第5節
2009年4月12日(日), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ガンバ大阪 3:2 (2:0)
大宮: 江角 - 塚本, 冨田, マト, 波戸 - 小林(慶) (88. 斉藤), 金澤, 藤本 (81. 内田), 橋本 - 市川 (44. デニスマルケス), 石原
大阪: 藤ヶ谷 - 橋本, パク, 山口, 安田 (77. 播戸) - 明神, 遠藤, 山崎 (45. 佐々木), ルーカス (45. 下平) - レアンドロ, チョ
得点者: 1:0 マト(22. PK), 2:0 石原 (34.), 2:1 チョ (47.), 3:1 デニスマルケス (56.), 3:2 レアンドロ (89.)
警告: 塚本, 波戸 - 山口, ルーカス, チョ
主審: 高山 啓義
入場者: 11,536人
スポンサーサイト

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

00:33  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://reisigfeld.blog94.fc2.com/tb.php/96-9927aa8d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。