2017.04.09 (Sun)

2017 J-League Division 1 第6節 大宮 vs. 神戸

 NACK5スタジアムのある大宮公園は花見の名所としても知られており、この時期はサッカー観戦と合わせてきれいな桜を見ることができるという楽しみがあります。しかし、今日はあいにくの空模様。午前中に降っていた雨はあがったものの花見を楽しむには肌寒く少々残念です。サッカー観戦についても応援する大宮のチームの状態を思うと例年のような楽しい気持ちにはなかなかなれないのであります。それでもスタジアムには向かうのですが。


 今日の対戦相手の神戸はリーグ戦開幕して4勝1敗と好調で開幕5連敗の大宮にはかなり厳しい試合になることが予想できました。はっきり言って勝利は難しいでしょうが、結果よりも次への希望が持てる内容を見せてくれ、そしてできれば1ポイントを獲得できたら満足できるだろうと思っていました。かなり弱気ですが、正直なところ今はそういう気持ちにしかなれません。


 さて大宮のスタメンですが、前節からCBは菊地に代わって山越、FWはムルジャに代わって江坂、右SHには清水が入りました。試合の序盤に目立ったのは、神戸の前線からのプレスでした。このプレスにより大宮は前へ有効なパスが出せず、素早い攻守の切り替えはできませんでした。スコアレスの状態がしばらく続きましたが、試合自体は明らかに神戸がコントロールしているように見えました。
 そして、37分に右サイドバック奥井の不用意なパスを渡邊千真に奪われ折り返しを中坂に決められ先制を許してしまいました。なんとも残念なミスからの失点でしたが、このプレーの前から大宮はパスミスを繰り返しており必然性を感じるものではありました。そしてそれは前述のとおり神戸の守備が機能していたという背景もあったかと思います。それにしても5試合で1点しか取れていない大宮にとっては実に重い失点となりました。

 後半に入り53分にもゴール前での混戦を岩波に決められて2点差とされました。大宮の渋谷監督はすぐに長谷川と大前に替えて黒川とムルジャを投入しますが特に効果はなくそのまま試合は終わりました。特に2点差になってからはゴールの気配は全く感じられない残念な内容でした。


 2失点は相手に完全に崩されたものではなかったのですが、失点にはならなかったところで完全に崩された形はありました。2失点で済んだのは運が良かったからで5失点していてもおかしくはなくまさに大宮の惨敗という印象が残った試合でした。
 
 攻撃の形は未だに何も作れていないようで深刻です。昨季の序盤は内容を伴わない勝ち点を積み上げていくことができていましたが今季はそれもありません。そんな状況では選手も自信を失ってくるはずで、それが中途半端なプレーとなりミスにつながっているようにも見受けられます。
 家長不在の影響は開幕戦から感じていましたが、そこはある程度時間はかかっても改善してくるかと思っていましたが、直近の2試合を見る限りでは、時間をかけたら改善できる話でもないように思えてきました。そもそも目指しているサッカーを今の選手でやろうとすることに無理があるのではないかという気がしてきました。とにかくドローでもよいので早く結果がほしい。そうすればそれをきっかけに良い方向へ向かうのではないかという根拠のない期待をするしかありません。


2017 Jリーグ Division1 第6節
2017年4月8日(土), 15:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ヴィッセル神戸 0:2 (0:1)
大宮: 加藤(順) - 奥井, 山越, 河本, 和田 - 横谷, 金澤 (77. 岩上), 長谷川 (59. 黒川), 清水 - 江坂, 大前 (59. ムルジャ)
神戸 : キム スンギュ - 高橋, 岩波, 渡部, 松下 - ニウトン, 藤田, 中坂 (89. 田中), 大森 - 小林, 渡邊 (87. 大槻)
得点: 0:1 中坂 (37.), 0:2 岩波 (53.)
警告: 長谷川 - /
観客: 9,598人
主審: 家本 政明

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:00  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.04.03 (Mon)

2017 J-League Division 1 第5節 大宮 vs. 鹿島

 4月1日。本来なら春真っ盛りという季節のはずですが、この日はまるで冬に逆戻りしたかのような寒い日でした。スタジアムに向かう途中に大宮公園の中を歩いてきたのですが、桜はまだ5分咲きでしたが、すでに花見を楽しんでいる人も数多くいらっしゃいました。寒い中お疲れ様です。


 さてここまで開幕から4連敗の大宮ですが、結果が出ていないだけでなく内容も乏しく心配な状況に陥ってしまいました。そして第5節の相手は鹿島です。大宮が絶好調であっても勝つのは難しい相手ですので、勝てる可能性はかなり低いとは思っていましたがせめて今後につながる何かを見せてくれることを期待してキックオフを待ちました。


 この試合、大宮は左サイドバックに和田、ボランチに金澤を入れてきましたが、これは明らかに守備を重視したフォーメーション
前半から鹿島にかなり押し込まれましたがこれは想定通り。しかし和田や金澤を始め守備面では大宮の奮闘が見られたと思います。GKの加藤も好セーブを連発。またポストにも救われ、運も大宮に味方しているように思えました。それは見方を変えれば本当にぎりぎりところで辛うじて防いでいるという状態で1点奪われたら堤防が決壊するかのように立て続けに失点してしまう様な気がしていました。
 攻撃に関していえばサイドが抜け出してクロスをあげる形を何度か作ったのですが、中央とは合わず得点の匂いはしませんでした。とにかく前半は鹿島の攻撃を大宮が粘り強く守ってスコアレスで凌いだ形で終わり後半に望みをつなぎました。


 後半は鹿島の一方的な展開となり、大宮はチャンスをつくることができませんでした。また好セーブを連発し調子がよさそうだったGKの加藤が足首を痛め交代を余儀なくされる不運にも見舞われます。それでもなんとか守っていて、もしかしたらスコアレスドローで1ポイントを取れるかもしれないと思いましたが、ついに79分に土居に決められ先制を許すと、ここまで今季わずか1得点の大宮には鹿島からゴールを奪う力は残されていませんでした。

 これで大宮は開幕から5連敗です。この試合では守備を中心にした戦い方で強敵鹿島を1失点に抑えたことは評価できると覆います。大宮の選手の体を張った懸命の守備は印象に残りました。しかし、それでも悲しいことですが無失点に抑える力がないというのが現実です。この試合はかなり運に恵まれていたことも考慮しなくてはなりません。
 攻撃に関してはさらに深刻な状況です。この試合は相手がかなり実力差がある鹿島であること、守備意識を高めての試合ということも考慮すべきかもしれませんが試合を通して決定機はありませんでした。チーム戦術の中心となる主力選手が抜けてしまったあと今の選手でチームを作り上げていくのには時間がかかるのは仕方のない話で、私はまだ時間がかかるだろうと思います。しかし、この試合を観戦していると、そもそもポゼッションサッカーを標榜していても、それを実践できる能力を持った選手がいないのであればいくら時間をかけても理想のチームはできないのではないかという気にもなってきました。新加入選手のクオリティが低いという意味ではなく、目指すサッカーにあった選手なのかということです。私はまだ選手のことをよく知らないので断言できないのですが、少なくてもこれまで観戦した試合を見ているとそういうことを感じずにはいられません。


2017 Jリーグ Division1 第5節
2017年4月1日(土), 19:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 鹿島アントラーズ 0:1 (0:0)
大宮: 加藤(順) (67. 塩田) - 奥井, 菊地, 河本, 和田 - 横谷, 金澤 (72. 岩上), 長谷川, 江坂 - ムルジャ (81. 清水), 大前
鹿島 : 曽ヶ端 - 西, 植田, 昌子, 山本 - 小笠原 (90. 伊東), レオ シルバ, 遠藤 (90.+5 三竿), 土居 - 鈴木, ペドロ ジュニオール (74. 安部)
得点: 0:1 土居 (79.)
警告: 菊地, ムルジャ - 鈴木
観客: 11,676人
主審: 飯田 淳平

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:18  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.03.14 (Tue)

2017 J-League Division 1 第3節 大宮 vs. 磐田

 今季2試合目となるホームゲームで大宮アルディージャはジュビロ磐田に完敗。開幕から3連敗となり最下位に沈んでいます。3試合を消化して1ポイントも取れていないのは大宮だけです。


 この日のキックオフは午後3時。普段とは違い時間にゆとりをもって出かけたのでスタジアムに入る前に大宮公園を散策してみました。梅の花が咲き春が来たことを実感しました。ところで6年前の同日、そしてキックオフ時刻の約15分前に東北地方太平洋沖地震が発生したのでした。確かあの日も同じように良く晴れていたように思いますが、やや記憶が曖昧になってきています。震災の前には何とも思っていなかった週末のサッカー観戦ですが、今はこういう毎日を過ごせることが幸せなことなのだと感じます。

 さて開幕の川崎戦、第2節の東京戦と同じような試合展開で敗れた大宮ですが、この試合の対戦相手の磐田もここまで未勝利(ただし勝点1)、無得点とまだ調子が上がっていません。果たしてどちらが勝利を手にするのか、あるいは引き分けるのか・・・。


 開始わずか5分、磐田はゴール正面、ペナルティエリアのやや外でフリーキックのチャンスを得ると、これを中村俊輔が左足で見事に決めて早くも先制しました。中村俊輔の存在を考えればゴールに近い位置でのファールは禁物ですが、この時のジャッジはやや厳しかったようにも思います。これは大宮にとっては不運だったと思います。
 その後、磐田はカウンターから何度か決定機を得るもののクロスバーに弾かれたり、大宮のGK加藤のファインセーブにあい追加点は奪えずに前半を終えました。一方の大宮は全くといってよいほどゴールの気配を感じない状態でした。それでも0:1でハーフタイムに入れたことはラッキーだったと言えるでしょう。

 「1点差なら大宮にもチャンスはある。」 そんな思いで後半を見始めたのですが、始まってすぐにそんな期待も萎んでしまいました。47分にDFのミスから川又に決められ2点差となってしまったのです。大宮は終盤に横谷のクロスを途中交代で入った清水が頭で合わせて1点差としましたが反撃もそこまで。とにかく後半開始早々の失点が本当に痛いものとなりました。


 あまり言いたくはないのですが、やはり大宮にとっては家長が移籍した影響はかなり大きいようです。なにしろこれまで家長ありきのチームを作り上げてきたのですから当然ではあります。いくら新加入選手のクオリティが高いといっても大宮のチーム戦術の中で家長が果たしてきた役割を担えるものではないでしょう。

 この試合で気になった点をあげるならボランチのパフォーマンス。この試合では大山と茨田が起用されましたが2人のバランス、距離感が悪くうまく機能しているようには見えませんでした。また前線との意思疎通ができていないかのようで、縦パスがほとんどミスになっていたように思います。その結果、相手にプレッシャーをかけることはできず、カウンターからピンチを招くシーンが何度も見られました。
 開幕戦、第2戦での課題を修正しようとしてむしろバランスを悪くしてしまったと捉えればよいのでしょうか。かなりフラストレーションが溜まる試合でした。この点についてはチームを作り上げるうえでの試行錯誤の段階であり、前進する過程の一つであると思いたいです。
 大宮はこのあと甲府、鹿島、神戸、清水、G大阪、浦和と対戦が続きますが、この試合のようなパフォーマンスではどこと対戦しても勝点を取れないでしょう。新しいチームを作り上げるのは簡単なことではないでしょうが少しずつでも前進した姿を見せてほしいと思います。


2017 Jリーグ Division1 第3節
2017年3月11日(土), 15:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - ジュビロ磐田 1:2 (0:1)
大宮: 加藤(順) - 奥井, 菊地, 河本, 大屋 - 大山 (80. 岩上), 茨田 (52. ムルジャ), マテウス (59. 清水), 横谷 - 江坂, ペチュニク
磐田 : カミンスキー - 櫻内, 大井, 藤田, 宮崎 - 川辺, ムサエフ - 太田 (80. 松本), 中村 (90.+3 山本), アダイウトン (87. 松井) - 川又
得点: 0:1 中村 (5.), 0:2 川又 (47.), 1:2 清水 (73.)
警告: ペチュニク - ムサエフ
観客: 11,943人
主審: 高山 啓義

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

00:07  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.02.26 (Sun)

2017 J-League Division 1 第1節 大宮 vs. 川崎

 2017年Jリーグが開幕します。大宮は昨季は年末まで天皇杯を戦っていたこともあってか、いつもよりもオフが短く感じられました。しかも開幕の対戦相手が偶然にも昨季最後に戦った川崎であり、年をまたいで公式戦は連戦ということになります。。


 前半から川崎がゲームを支配する形になり、試合開始直後に小林悠にクロスバー直撃シュートを浴びるなど劣勢でしたが、時間が経過するにつれ、大宮もサイドから相手の裏を取り決定機を作るなど、ほぼ互角の展開でした。もし、大宮が勝ち点を取るのであればここで1点は決めておかなくてはいけなかったでしょう。


 後半は再び川崎の形になり、大宮のチャンスはほぼなかったように思います。大宮は押し込まれながらも守備では頑張っていましたが、66分に中村憲剛のコーナーキックを小林悠がヘディングで決めて先制。その後は川崎の一方的な展開になりアディショナルタイムには小林悠のクロスを中村憲剛が流し込んでダメ押し。結果的には川崎が前評判通り順当に勝利した形になりました。


 大宮は強敵川崎相手に粘りはしたものの後半に2失点しての完敗。失点を喫した後半のパフォーマンスは大変残念な内容で、それだけを切りだしてみればこの先のリーグ戦を戦っていけるのか心配になってしまうものでした。しかし、前半も含めて総合的に見れば私が当初予想していたよりは良かったと思います。昨季までの大宮のサッカーは攻撃面では家長と泉澤に頼っているようにも見えましたし、いかに質の高い新加入選手を加わっても彼ら2人の抜けた影響はすぐには埋まらないと思っていましたし、テストマッチの様子から判断してもっと大敗する可能性もあると思っていましたので・・・。
 この試合を見てもまだまだ攻撃がスムーズに展開できていないと思いました。しかし少なくても前半は新加入選手がそれぞれ個々のプレーの中で持ち味を示しており、これがチームとして生かせる様になれば面白いチームになっていきそうだということが確認できました。
 とにかくまだもう少し時間が必要です。昨季のようにリーグ戦序盤にまだチームが出来上がっていない時期に悪いなりにポイントを稼げるなら、最後に良い順位でシーズンを終えることができるかもしれませんが、さすがにそれほど甘くはないでしょう。しばらくは苦戦することは覚悟していますが、その先に期待したいと思っています。

 対戦相手の川崎も大久保の移籍や監督の交代などある意味では大宮と同様の問題を抱えているはずで、その様子は随所で感じられました。それでも試合の中できっちりと決めるところは決めてポイントを獲得するところはさすがです。チームの地力の差を感じます。勝利したとはいえ試合内容に不満は感じているのでしょうが、試合を重ねて改善され最終的には優勝争いに加わることになるのでしょう。

 私事ですが、Jリーグ開幕に合わせるかのように仕事が多忙になってしまい、週末も気軽にサッカー観戦ができる状態ではなくなってしまいました。なるべく時間を調整してホームゲームは観戦するつもりですが、落ち着いて観戦を楽しめるようになるまでは少し時間が必要です。私自身が落ち着く頃には大宮の攻撃の形も出来上がっていればよいなと思います。


2017 Jリーグ Division1 第1節
2017年2月25日(土), 16:00, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 川崎フロンターレ 0:2 (0:0)
大宮: 塩田 - 奥井, 菊地, 河本, 大屋 - 大山, 長谷川 (83. ペチュニク), 茨田, 瀬川 (63. 清水) - 江坂 (72. 岩上) - 大前
川崎: チョン ソンリョン - 田坂, 谷口, 車屋, 登里 (90.+4 狩野) - 大島, エドゥアルド ネット, 阿部 (85. 奈良), 中村 - 家長 (57. 森本), 小林
得点: 0:1 小林 (66.), 0:2 中村 (90.+2)
警告: / - 谷口
観客: 11,962人
主審: 村上 伸次

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

11:16  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2017.01.22 (Sun)

ブンデスリーガ2016/2017 第17節 ダルムシュタット vs. グラートバッハ

 ウインターブレークが終了してブンデスリーガ公式戦が再開されました。グラートバッハはシューベルト監督解任のあとをうけて就任したディーター・ヘッキング監督とグラートバッハでのデビュー戦。対するダルムシュタットもトルステン・フリンクス新監督のデビュー戦であり下位同士の対戦ではありますが注目を集めた一戦となりました。

 ヘッキング監督がどのようなフォーメーションで試合に臨むのかが試合前の注目ポイントの一つでした。シューベルト時代の3-4-1-2を踏襲するのか、ファヴレ時代の4-4-2に戻すのか、あるいはもともとヘッキング監督がよく採用する4-2-3-1なのか。果たして答えは4-2-3-1でした。ただし実際には中盤はかなり流動的でボランチに入ったダフードがかなり下がった位置でボールを受けてゲームを組み立てたり、そこからの中盤の位置でパスを受けるのはFWに入っているはずのラファエルだったりという具合です。ダフードの展開力、ラファエルのキープ力を活かすという意図はわかるのですが、選手が本来の位置から動いた場合の他の選手の連動した動きに関してはまだうまく行っているようには思えず、このあたりは試合を重ねながら改善していく形になるのではないかと思います。
 そんな状況で前半特に目に付いたのは右SHでスタメン起用されたホフマンです。前監督には消極的なプレーが評価されずあまりチャンスをもらえなかった選手ですが、積極的に仕掛けました。まず6分にラファエルとのコンビネーションから抜け出し相手をかわしてシュートまで持っていきました。10分にもディフェンスラインの裏に抜けだしゴールラインぎりぎりで折り返しフリーのラファエルに合わせました。しかし残念ながらラファエルのシュートは相手GKエッサーの好セーブにより阻止されました。
 ダルムシュタットは中盤でパスをつなぐことはなく前線へのロングボールが主体。これにサイドのヘラーの飛び出しや前線のチョラックに合わせるという形でそれほど攻撃のバリエーションはありません。このあたりを見ると監督が変わってもまだダルムシュタットのサッカーは変わらないのかなと感じました。少なくてもこの時点では。

 後半に入ってもグラートバッハがボールを保持し主導権を握る展開は変わらず。47分にダフードのパスを受けたヴェントが左足でシュートを放ちますがわあずかにゴール右に外れました。 分にはホフマンが左から切りこんでシュートを放つとペナルティエリア内にいたダルムシュタットDFのミロシェヴィッチの手に当たりますが主審はファールを取りませんでした。さらに66分には左サイドをドリブルで崩したアザールがシュートしましたがこれはポストに跳ね返されゴールは奪えません。
 一方、前半はほとんど怖さを感じなかったダルムシュタットの攻撃ですが試合の終盤にはペナルティエリア付近で細かくパスをつないで崩そうとするシーンなどもありました。まだ連係面での問題や個人の技術的な部分でのミスもあり決定機にはつながりませんでしたが、それはおそらくフリンクス監督率いるダルムシュタットの新たな一面なのではないかと思います。

 試合は結局スコアレスドローで終わりました。最下位のダルムシュタット相手であればアウェイゲームであれ3ポイントを取らなくては納得できないと考えているファンも多いと思いますが、冷静に考えればグラートバッハも現在14位であり、しかもアウェイでの弱さはリーグでもワーストクラスです。しかも新監督就任の初戦ということを考えればドローで1ポイントを取れればまずまずなのではないかと私は思います。試合内容も昨季までのように見ていて楽しい試合ではありませんが、決して悪い内容ではなかったと思います。
 私は今季のグラートバッハにはもう高望みはしません。まず最低限1部残留を果たし、さらに戦い方のベースになる部分を固めていってほしいと思います。その意味でもこの試合には新監督の下での第一歩ということでまず納得します。問題はこれからです。


BUNDESLIGA 2016/17 17. Spieltag
21.01.2017 15:30 Uhr, Jonathan-Heimes-Stadion am Böllenfalltor, Darmstadt
SV Darmstadt 98 - Borussia M'gladbach 0:0 (0:0)
Darmstadt : Esser – Guwara, Milošević, Sulu, Holland – Gondorf, Vrančić (82. Jungwirth) – Sirigu, Rosenthal (70. Niemeyer), Heller – Čolak (88. Schipplock)
Borussia : Sommer – Jantschke, Christensen, Vestergaard, Wendt – Kramer, Dahoud – Hofmann (70. Hahn), Hazard, Stindl – Raffael (80. Simakala)
Tore: Fehlanzeige
Gelbe Karten: Niemeyer / Jantschke
Zuschauer: 17.400
Schiedsrichter: Marco Fritz (Korb)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

18:33  |  Bor. M'gladbach  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT