2016.12.30 (Fri)

第96回天皇杯準決勝 大宮 vs. 川崎

 今年の日本サッカーシーズンもいよいよ大詰め。あとは天皇杯の準決勝と決勝を残すのみ。大宮は日産スタジアムで川崎との対戦です。私の過去の日産スタジアムでの観戦といえば、大黒の2ゴール決められて負けた試合の印象強く残っていますが、それ以来の観戦のはずです。


 私はゴール裏2階席で観戦していましたが入場した時は日が当たり暖かかったものの、キックオフの頃には日陰になりかなり寒かったです。しかし両チームのゴール裏は試合前から熱い応援を続けていて気持ちが高揚してきます。


 前半。大宮は普段よりも中盤から最終ラインまでをコンパクトに保ち、相手ボールに対しても積極手にプレスをかけて連動した守備でボールを奪うことができていました。ただし、左サイドを狙われていたようで1本のパスから簡単にサイドを突破され危険なクロスを上げられるシーンが何度かあり全く安心できない状況ではありました。序盤は互角に渡り合っていた大宮ですが20分を過ぎたあたりからは川崎の攻撃に押されるようになり危ない位置でのボールロストが続いたこともありピンチが続きましたがなんとか凌いでハーフタイムへ。

 後半開始からしばらくは大宮のペースとなりました。50分にはこの試合最大のチャンスがありました。中央の江坂から絶妙のタイミングで左サイドの泉澤にスルーパスが通り、泉澤がフリーでシュートを放ちますがポストに跳ね返され、それを完全なフリーで合わせたムルジャのシュートも枠を外れてしまいました。その後も横谷のクロスにマテウスが飛び込みあと一歩届かなかったシーンもありました。後半の最初の15分間くらいの大宮は相手ボールを高い位置で奪ってショートカウンターでチャンスを作るという形ができていてこの時間に何としても1点取っていればと強く思います。準々決勝でも強く感じたことですが決定機を決められないと後でそれを悔やむことが多いものです。
 そしてこの試合も川崎の風間監督が61分に大島を入れたあたりで風向きが変わり始めます。大島の存在も大きかったとは思いますが、大宮の中盤の運動量が落ちてきたこともその要因だったのではないかと思います。そう考えると渋谷監督が大山に替えて金澤、泉澤に替えて清水を入れた意図も理解できます。しかし、この試合で途中交代で退いた3選手はいずれも素晴らしいパフォーマンスを示していただけに少々もったいない気はしました。
 試合は85分に中村健剛のコーナーキックをクリアしきれずに浮いたボールをヘディングでつながれ谷口に右足で押し込まれてしまいました。そしてこれが決勝ゴールとなり川崎が元旦の決勝戦に進むことになりました。天皇杯は結果が全て。大宮は強敵相手に健闘はしたものの前評判を覆すことはできませんでした。
 

 試合を通してみると互角な戦いだったようには見えますが、やはり両チームの力の差はあったと私は感じました。それは決定機をしっかりと決めきることができるかどうかに集約されています。大事なところでしっかりと決めきる力というのは、単純に決定力のある選手を加入させただけで埋まるものでもないように思います。選手個々の力は当然として大きな試合を経験してきたことによる自信、落ち着きが感じなところで差になって表れてしまうように思うのです。

 そういった点でこの試合の大宮には特に攻撃面で不満を感じましたが、今後に向けてクラブとして良い経験を積むことができたのではないかと思います。そして、シーズンを通して見ると私を含め周囲の期待を大きく上回る成績を残したと思います。少なくても今季開幕当初のようにひたすら守り続けているだけのサッカーからは見違えるほど成長したのは紛れもない事実です。しかし本当にリーグ戦年間5位、天皇杯4強に見合った力はついていないと思うのです。本当の勝負は来季だと思います。さらにレベルアップをして今季の成績がただのまぐれではないということを示してほしいと思います。


第96回天皇杯全日本サッカー選手権 準決勝
2016年12月29日(木) 15:06, 日産スタジアム
大宮アルディージャ - 川崎フロンターレ 0:1 (0:0)
大宮: 塩田 - 奥井, 菊地, 河本, 大屋 - 大山 (77. 金澤), 横谷, マテウス (64. 家長), 泉澤 (86. 清水) - 江坂, ムルジャ
川崎: チョン ソンリョン - 田坂, エドゥアルド, 谷口 - 中村, エドゥアルド ネット, エウシーニョ, 車屋 - 登里 (61. 大島), 小林 (78. 三好) - 大久保
得点: 0:1 谷口 (85.)
警告: 河本, 江坂 - エドゥアルド ネット
観客: 23,087人
主審: 木村 博之

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

23:24  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.12.25 (Sun)

第96回天皇杯準々決勝 大宮 vs. 湘南

 天皇杯準々決勝を観戦しました。私にとっては前回の観戦が11月3日のJリーグセカンドステージ最終節ですから1か月半ぶりです。年の瀬も押し迫ったこの時期にまだ贔屓クラブの試合を観戦ができるというのは幸せなことです。


 気持ちよい晴天でしたが、試合が始まるころには日が傾き、寒くなってきました。両チームサポーターの応援が響き渡る一方で大宮サポーターが陣取るゴール裏のスタンドの後方のオレンジ色に染まった空におびただしい数のカラスが飛び交い、何やら不気味な雰囲気が漂う中試合が始まりました。

 序盤は湘南が高い位置から激しくプレスをかけてボールを奪い素早く攻撃へ切り替えチャンスを作りかけます。大宮は立ち上がりこそ押し込まれていたもののやがてボールをテンポよく回すことで湘南のプレスをいなすと、中盤でのパス交換からスペースを作り攻め込むようになります。特に左サイドの泉澤がフリーでボールを受けてチャンスの起点となることが多く、大宮は何度も決定機を作ることができました。一方で湘南にはほとんどシュートは撃たせず内容では圧倒しました。ただ、それでも得点は32分の泉澤のゴールだけ。2回ほどあったGKとの1対1は梶川に阻まれ、ポストにあてたシュートも2回ほどありました。本当に力のあるチームであれば前半で3点を取って試合を決めていたことでしょう。もっとも、相手の湘南は何点差がついていても決して諦めずに反撃してくるチームですから試合が決まるというのは言い過ぎかもしれませんが、少なくてもかなり有利にはなったはずです。


 後半に入ってから早い時間帯に湘南のDF奈良輪が2枚目の警告で退場となります。数的優位になった大宮はさらにボールを保持する時間が長くなりましたが、1点リードしている余裕からかパス回しのスピードやボールのないところでの動きが落ちチャンスは作れなくなります。「数的優位になったことで安心してしまったり、ちょっと足を止めてしまったり、ちょっとしたスキが生まれてしまった」と試合後の渋谷監督のコメントにありましたがどんな展開であっても油断してはいけません。
 スタンドで観戦している私もこのような展開が一番怖いと感じていてはっきり言って嫌な予感はしていました。攻められ続ける湘南はGK梶川が1対1で好セーブを連発。攻められる機会が少なくなった大宮守備陣とGK塩田の連係はどうなのかといった不安です。案の定、70分に湘南が中央でボールを細かくつないだところに守備陣が引きつけられ右サイドの菊地俊介がフリーでパスを受けてゴールを決めました。このプレーの発端は塩田のミスキックであるし、相手のパス回しに食いついてサイドをフリーにしてしまった大屋のプレーもいけませんでした。
 湘南はそれまでシュートらしいシュートはなく本当にワンチャンスを活かした形ですが、これにより試合のペースを完全に掴み、それまでがうそのように大宮ゴールに迫るようになります。試合の序盤に見られたようなプレスもよみがえり数的不利を感じさない攻撃を展開するようになります。こうなると湘南が勝利しても全くおかしくない気持ちがしてきましたが、その後はどちらも得点は奪えずに同点で90分を終えました。


 延長戦。93分に湘南はセットプレーのチャンスで途中から入った藤田祥史がゴールを決めて逆転に成功します。セットプレーに飛び込んだ藤田がキャッチしようとした塩田よりもわずかに早く頭で競り勝ちバックヘッドでゴールに流し込んだというもの。これも塩田はうまく処理できなかったものでしょうか。やや不満を感じるプレーでした。

 延長の後半に入ると大宮は延長前半終了直前に交代で入ったペチュニクが前線で圧力をかけさらにCBの菊地を攻撃参加させます。こうなるとさすがに数的不利で戦ってきた湘南の選手たちにとってはかなり厳しくなります。111分、118分に菊地がゴールを決め、120分には大屋が決めて大宮が逆転勝利しました。最後は大宮が数的優位を生かして力ずくでゴールを奪ったという印象が残ります。
 この試合の大宮は決して褒められる戦いではなかったもののリードされても慌てることなく最後まで戦った点は評価できます。これは1シーズンJ1で戦い結果を残したことによる自信も大きいのだと思います。昨季まではこのような試合は私の記憶には残っていません。また、大宮には菊地や河本などいざという時のパワープレーで得点が期待ができるDFを擁しているのも大きいです。
 一方の湘南についてはこれまで持っていた良いチームだという印象は変わりません。特に選手の諦めない気持ちや監督をはじめとしたベンチ、そしてゴール裏サポーターとの一体感には心を動かされました。


 さて大宮にとって天皇杯のベスト4進出はクラブ史上2度目の快挙です。前回は2005年、国立競技場で浦和に延長の末に敗れています。今回の対戦相手は川崎ですので客観的に見れば勝利はかなり難しいと思います。しかし天皇杯は一発勝負なのでどうなるかはわかりません。ただ一つ言えるのは得点のチャンスは少ないはずですのでそれをしっかりと得点に結びつけることができなければ勝利はないということです。この試合でしっかりとした結果が残せなかったFWの選手たちの奮起を期待しています。

<コメント引用>
天皇杯全日本サッカー選手権大会 第5回戦 湘南ベルマーレ戦 レビュー (大宮アルディージャ 公式サイト)


第96回天皇杯全日本サッカー選手権 準々決勝
2016年12月24日(土) 16:04, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - 湘南ベルマーレ 4:2 延長 (1:1, 1:0)
大宮: 塩田 - 奥井, 菊地, 河本, 大屋 - 大山, 横谷, マテウス (76. 家長), 泉澤 (76. 清水) - 江坂, ムルジャ (105.+1 ペチュニク)
湘南: 梶川 - 奈良輪, 石川, アンドレ バイア, 島村 - 藤田(征) (62. 菊池), 菊地, 三竿, 高山 - 山田 (90.+1 藤田(祥)), 大槻 (56. 長谷川)
得点: 1:0 泉澤 (32.), 1:1 菊地 (70.), 1:2 藤田(祥) (93.), 2:2 菊地 (111.), 3:2 菊地 (118.), 4:2 大屋 (120.)
退場: 奈良輪 (52.; 警告X2)
警告: 泉澤 - 島村
観客: 10,297人
主審: 山本 雄大

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:25  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.11.06 (Sun)

2016 J-League Division 1 2ndステージ第17節 大宮 vs. FC東京

 2016年のJ1リーグも最終節。毎年のことですが本当に時間のたつのが早く感じられます。特に今年は秋に入ってもしばらく暑い日が続き季節感が乏しかったこともあるかもしれません。
 大宮はこの試合に年間順位4位がかかっていましたが、それよりもホーム最終戦ということでモチベーションは高かったはずです。対戦相手の東京は思い通りに行かないシーズンだったようですが篠田監督就任後は安定して勝利を重ねチーム状態は良いようです。もともと力はあるチームですしNACK5スタジアムでも異常とも言えるほど良い戦績を残しています。


 前半、東京がコンパクトな陣形からハイプレス、非常に早い切り替えでショートカウンターを繰り出してきます。まさに最近のサッカー界で主流となっている戦術でしょうか。残念ながらペナルティエリア内での細かなミスやシュートミスなどがあり得点はできませんでしたが見ていて気持ちの良い攻撃です。
 24分に東京はついにセットプレーから先制に成功。左からの水沼のコーナーキックを橋本が頭で決めました。お互い集中を切らさずインテンシブな戦いを展開していただけにこの1点は非常に大きな意味を持つだろうことは素人の私でもわかりました。しかし前半の最初の20分の内容を見たところではどういう形であれ東京がリードをするのは妥当ではあるなとも思いました。
 大宮もセットプレーで失点こそしましたが守備に関しては悪くはありませんでした。相手にしっかりとプレスをかけ相手ボールを奪うことはできていたように思えます。しかし攻撃への切り替えが遅くすぐに相手のプレッシャーを受けてボールロストをすることが多く、またFWのムルジャや両サイドハーフが裏を取ろうと動きそこへロングパスを入れようと試みるのですがこのパスの精度が悪すぎて単純に相手DFへのパスのように見えるほど。相手のスタイルを考えれば狙いはわかるのですが、チーム全体の守備から攻撃への切り替えのスピードと連係に問題があったように思えます。


 後半はリードされた大宮が前半に比べると前への圧力を強めた形で東京が守備に回る時間が長くなりましたが、やはり前半と同様にパスの精度や連係での細かいミスが目立ち相手を崩すことはほとんどできず決定機は多く作れませんでした。70分から80分にかけて次々と選手交代を行いましたが、あまり効果はなく時間が経過しそのまま試合終了となりました。


 この1試合を見るなら大宮の完敗といってよいでしょう。チャンスはいくつかありましたが思い描いた通りのサッカーをさせてもらえなかったように見えました。「力負けです。開幕戦で対戦し、それから月日も流れましたが、根本的な部分でまだ差があると思います。」という家長の試合後のコメントには説得力を感じます。
 しかし私は開幕戦との比較で考えると違った印象を持ちました。開幕戦の大宮は東京にはほぼ一方的に攻められ守備が精一杯。それは異なるディビジョンに所属するチームの対戦にしか見えず、勝利したにもかかわらず、この先のリーグ戦に大きな不安を感じて帰ったものでした。シーズン最終戦でその東京と対戦し力の差は感じつつも互角に近い戦いをすることができているということにこの1シーズンでチームの成長を感じました。今季の年間順位5位が本当の実力を反映したものなのかどうかは客観的に把握する必要はあると思いますが、シーズン当初から見て選手だけでなく監督も含めたチーム全体が大きく成長を遂げたことは間違いなく、この点は今後に向けて自信になると思います。
  

2016 Jリーグ Division1 2ndステージ第17節
2016年11月3日(木), 13:30, NACK5スタジアム
大宮アルディージャ - FC東京 0:1 (0:1)
大宮: 塩田 - 奥井, 菊地, 河本, 大屋 - 大山 (78. 岩上), 横谷, 泉澤 (78. ペチュニク), 江坂 (71. マテウス) - ムルジャ, 家長
東京: 秋元 - 橋本, 森重, 丸山, 室屋 - 梶山 (68. 高橋), 田邉 - 水沼 (78. 河野), 東 (86. バーンズ), 中島 - 前田
得点: 0:1 橋本 (24.)
警告: 奥井 - 河野
観客: 12,377 人
主審: 佐藤 隆治

テーマ : 大宮アルディージャ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

17:59  |  Omiya Ardija  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.11.06 (Sun)

2016 J-League Division 3 第27節 長野 vs. 盛岡

 南長野運動公園で開催されたJ3公式戦、長野対盛岡の試合を観戦してきました。当日、キックオフは13:00でしたが、余裕を見て朝7:30に家を出発。特に渋滞につかまることなく3時間半ほどで無料駐車場のある篠ノ井駅に到着。そこからはシャトルバスを使わずに徒歩で現地へ向かいました。
 目の前に姿を見せたスタジアムは思った以上に立派なスタジアムで、私は外観を見てドイツ、ブンデスリーガのホッフェンハイムのホームスタジアム、ラインネッカーアレーナを思いだしてしまいました。


 まだ昇格の可能性を残している長野はモチベーションも高いようで、序盤から積極的に攻め込む展開となりました。開始早々にFWの菅野が右サイドを突破して角度のないところから放ったシュートはポストに嫌われますが、その後もキープ力のあるコンハードに菅野や佐藤が絡んで次々と盛岡ゴール前に攻め込んできます。また松原優吉のロングスローも威力を発揮しました。長野が一方的に攻め込んでいるという印象はありませんでしたが、チャンスの数は明らかに長野に多くありました。しかしゴールは決めれ鵜ことができませんでした。
 是が非でも3ポイントが必要な長野にとってはこの時間帯に先制できなかったことは痛かったはず。長野の三浦監督も「前半、いいところで得点を奪えていたらまた違った展開になっていたと思う」というコメントを残しています。

 押し込まれる時間が長かった盛岡も30分を経過したあたりからは反撃を開始。盛岡が得意とするパスをつないでいくサッカーが見られるようになりました。しかし、ペナルティエリア付近での連係は今一つ合わずに決定機を多く作ることはできませんでした。


 後半は開始直後に長野に大きなチャンスがありました。左サイドを突破した菅野のクロスに対しファーサイドでフリーの佐藤悠希ゴール前の混戦から何度かシュートを撃ったものの盛岡は懸命のディフェンスでゴールを守りました。長野にとってこの試合最大のチャンスだったと思います。

 前半同様に立ち上がりに押し込まれながらそれを凌いだ盛岡が徐々にペースを握るようになります。FWへ縦パスを入れそれに連動して中盤の選手が攻めあがる形が随所に見られ、特に62分に牛之濱が右から入れたクロスに安楽が飛び込んだプレーは実に惜しかった。ただ、終盤になると疲労のせいか動きが少なくなり細かなミスも増え始め、再び長野が主導権を握る形になりました。この試合は盛岡は控え選手が2人少なく結局は交代選手も一人だけでした。終盤の苦しい時間帯に選手交代でチームを活性化させることができず最後は相手の攻撃を凌ぐのが精一杯という状況になってしまったのが残念です。
 試合は最終的にスコアレスドローに終わりました。この結果は盛岡にとってはまずまずの結果、J2昇格を狙う長野にとっては痛いものとなりました。


 最後に初めて訪れた南長野運動公園総合球技場について。昨年3月に全面改修が完成したスタジアムはとても観戦しやすいスタジアムでした。そして何よりもアウェイのサポーターを歓迎する姿勢が感じられ、気持ちよく帰路につくことができました。ぜひ機会があればまた訪れたいスタジアムです。


2016 Jリーグ Division3 第27節
2016年10月30日(日), 13:00, 南長野運動公園総合球技場
AC長野パルセイロ - グルージャ盛岡 0:0 (0:0)
長野: レオーニ - 天野, 大島, 阪田, 松原 - 有永 (75. 仙石), 橋本, 夛田 - 佐藤 (80. 勝又), コンハード, 菅野
盛岡: 土井(康) - 鈴木(達), 畑本, 久保, 八角 - 牛之濱, 垣根 石井, 安楽 - 谷口 (84. 高橋), 梅内
得点: なし
警告: 天野 - /
観客: 3,905人
主審: 西山 貴生


テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

タグ : スタジアム観戦記

16:51  |  Grulla Morioka  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑

2016.10.28 (Fri)

DFBポカール 2016/17 2回戦 ヴァルドルフ vs. ダルムシュタット

 DFBポカールの2回戦。2日間にわたり行われた16試合の中で最も注目度が低いと思われるヴァルドルフ(レギオナルリーガ所属)とダルムシュタット(ブンデスリーガ1部)の試合に敢えて注目してみました。

 FCアストリア・ヴァルドルフのホームタウンのヴァルドルフはバーデン=ヴュルテンベルク州北部にある人口約15,000人の小さな町、ツヴァイテリーガ所属のザントハウゼンのホームタウンのザントハウゼンとは隣接していて2つの町は直線距離で約5キロしかありません。FCアストリア・ヴァルドルフは今季はレギオナルリーガ南西部に所属していますが15試合を終了した時点で19チーム中13位と低迷しています。DFBポカール1回戦はボーフムと対戦して延長戦まで戦い4:3で勝利しています。

 ヴァルドルフのスタジアムは大変小さくこの試合はチケット完売ですが、それでも入場者数は4000人となっていました。それほど遠くはないダルムシュタットからは多くのサポーターが来ていたようです。
 今季からダルムシュタットのゴールマウスを守るのはミヒャエル・エッサー。オーストリアのグラーツから加入した選手ですが、その前は長くボーフムに在籍していました。ボーフム育ちの選手が1部リーグのクラブで主力として活躍する姿を見るのは嬉しいことです。

 さて試合ですが、序盤はダルムシュタットがブンデスリーガの力を示すように攻めまくりました。ダルムシュタットの攻撃の特徴としてはボールを奪うとロングボールを使い手数をかけずにゴール前へボールを運びゴール前ではフィジカル勝負を挑むという、かなり古臭いサッカーをするのですが今ではそれが新鮮に感じられることもあります。今季から監督がノルベルト・マイヤーに変わりましたがそのスタイルは今のところ大きく変わってはいないようです。しかし、ダルムシュタットはいくつかあった大きなチャンスを得点につなげることができませんでした。
 一方のヴァルドルフはなかなか守備意識が高くまた数は少ないもののカウンターではしっかりとパスをつなぎシュートまで持っていき、またセットプレーでも空中戦に競り勝つなど得点の匂いを感じさせます。そして、32分にペナルティエリアに思い切りよく切りこんだペロフスキの左からのクロスに対し、エッセーの前に飛び込んだヒレンブラントが右足で合わせて角度を変えてゴール。ヴァルドルフが先制に成功しました。ダルムシュタットのマイヤー監督は「ヴァルドルフが試合をよく理解し良いカウンターを仕掛けるこことができるチームだということは試合前からわかっていたが、それを阻止できなかった。」とコメントしています。ダルムシュタットの攻勢は変わりませんでしたが、ヴァルドルフも次第に慣れてきたようでダルムシュタットの決定的なチャンスは減ってしまいました。

 後半に入ると時間の経過とともにヴァルドルフの選手たちに疲労が出てきたようでダルムシュタットの攻撃の時間がさらに長くなります。ヴァルドルフは守備で精一杯の状態でしたが、ダルムシュタットもフィニッシュの精度が著しく欠けていました。65分にヘラーからベツヤクとつなぎコラックがフリーになりますが焦ったのか大きく枠を外してしまいました。70分にはゴンドルフの右からのクロスを中央のシプロックがダイレクトで合わせますが大きくふかし枠を捉えることができません。精度の高いキックを蹴れるヴランチッチや高さのあるシュトローエンゲルを入れて明らかにパワープレーを狙いますが不発。むしろ、ヴァルドルフに何度もカウンターから決定機を作られる始末。ヴァルドルフにもう少しでも決定力がある選手がいたらもっと試合を決着することができたかもしれません。それでも最後まで守備での集中力を切らさずに戦い抜いたヴァルドルフが1:0で勝利しました。
 4部のクラブがトップリーグのクラブを破ったのだからジャイアントキリングなのかもしれませんが、試合を通してみると全くおかしくない結果だったと思います。ダルムシュタットの不甲斐なさよりもヴァルドルフの戦いぶりを称賛すべきでしょう。

 勝ったヴァルドルフはベスト16に進み3回戦の対戦相手は2部のビーレフェルトに決まりました。もちろん厳しい試合になることは間違いありませんが、この試合のような集中力をもって戦うことができればよい試合はできるのではないでしょうか。次の試合も注目したいと思います。


DFB Pokal 2016/17 2. Runde
26.10.2014 18:30 Uhr FC-Astoria-Stadion, Walldorf
FC Astoria Walldorf - SV Darmstadt 98 1:0 (1:0)
Walldorf: Rennar - Kiermeier, Nyenty, Kizilyar, Pellowski - Polat, T. Kern - Hillenbrand (82. Steffen Haas), Schön(78. Hellmann), M. Meyer (85. Straub) - Carl
Darmstadt: Esser - Höhn, Milosevic, Sulu, Holland - Niemeyer (68. Vrancic), Gondorf - Schipplock (76. Stroh-Engel), Obinna (46. Bezjak), Heller - Colak
Tore: 1:0 Hillenbrand (32.)
Gelbe Karten: / - /
Zuschauer: 4000 (ausverkauft)
Schiedsrichterin: Bibiana Steinhaus (Langenhagen)

テーマ : ブンデスリーガ(ドイツサッカー) - ジャンル : スポーツ

00:39  |  Bundesliga 全般  |  Trackback(0)  |  Comment(0)  |  Edit  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT